読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキー親父の日常

スキー楽しいよ~ 雪遊びへいざ!雪山へGo~

準備の大切さ

雨でっか〜

朝から正木さんが今日はず〜っと雨って

んで、これが去ったら

 

メッチャ寒いって!

 

1月末並みの

topシーズン並みの寒気が入るんだって!

この週末は良さげね

今シーズンはゲレンデを歩かなくても良いか?

思いっきり期待するとしよう

 

クラブにFBページがあるのだが

ここでクラブ紹介やクラブ行事の広報、

共有事項の開示等々が発信されてる

 

その中に行事参加レポートがあるのだが

今シーズンの資格者受験の養成講習理論の参加レポートが公開された

ここもある意味広報活動の一環なので

誰でも見れるのだが

正直、それ読んでの感想

 

よくもまぁ、そんな準備で受験しようと思うよね?

 

指導員受験の方々は

その県連での資格者受験の段取りとか準備とかは把握されているであろうが

準指導員の初受験の方々は当然何も知らなくて当然

県連冊子配られる頃には既に物事は始まってるしね

勿論、クラブなんだからクラブ員として教えあったりすれば良いのだが

それよりもこのご時世

いくらでも調べる手段がある

スマフォでチョイチョイとすれば良い

そんな努力と言えない様な事もしてない受験者ってどうなの?って思わん?

受験するのに何が要るか?ぐらい自分で調べて用意する

受検に限らず大人としての常識行動と思うのだが如何か?

 

知らなければ聞けば良い

 

手っ取り早いよね〜

でも、自分の資格受験なんだから

スキーの教員免許取ろうとしてるんだから

もうチョット自覚を持った受験をして頂きたいものである

 

また

今年の受験者の中には

ちょっと自覚が無さ過ぎると感じている方々が居る

受験を舐めてる...とまでは言わないが

一部を除き所定のクラブ内手続きを踏んでいない

また、それを理事連中が認めてるのもどうか?と思う

決めた事、ルールは守るためにあるだが

そんな事も出来ない輩は

 

人の前に立つ資格は無い