読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキー親父の日常

スキー楽しいよ~ 雪遊びへいざ!雪山へGo~

お修理

今日はお天気悪そうね〜

家ではチョイ降ってたし

週末持ち直せばそれでok〜

後8時間で週末じゃ〜

 

先日....つ〜っても

ほぼ1ヶ月前ぐらい?

裾のドロストの所が擦れて破れてた

お気に入りのpatagoniaのダウンセーター

をメーカー修理に出してきた

2年ぐらい放置してて

捨てれなかったけど

捨てなくて良かった〜

 

で、修理だが

現品持ち込んで

お修理に出すのだが

初めは...新品変えよ〜って扱いされるかと

半ば戦闘モードでと思ったが

さすがのpatagoniaである

嫌な顔どころか

実際のお修理見本とかも見せてくれて

懇切丁寧にどんな修理になるか?とか

この部分ならこんな修理になるとか

もう同じ生地無いかもなので....とか

ユーザーの身になった対応に感激

こっちも不良ではあるが

アパレル社員の端くれである

お店の対応や

特にお修理含めた生産的要素は大得意

その観点からも

素晴らしい対応!👍🏻

 

そのお修理が先日上がってきた

 

正直

同じ生地もなく外観のお修理なので

直れば良いとぐらいに思ってたが

その仕上がりには驚くと同時に

大満足

言われないと分からんし

遠目では絶対に分からん

 

料金はお修理部分の面積次第

10cm x 10cmで1080円

今回は出来るだけ綺麗に修理して〜って

頼んだので

30cm掛かって3240円

ダウンセーターって今いくら?

当時28000円してたと思うから

それがまた着れるし

スッゴイお得感

 

patagoniaは環境保護への意識が半端ないから

こう言ったお修理にも力を入れてる

元来、スポーツアパレルとしての商売を考えれば

むしろ損な方向に向く事が多いが

ある意味広報宣伝になっていて

根強いファンが多い

アウトドアブームも相まって

 

ただ

高いんだよね〜好きだけど

 

夢は

patagoniaのスキーウェアを着る事

お値段...15万仕事

 

無理〜😱